花鳥文 香合|番浦 匠

花鳥文 香合|番浦 匠

残り1点

¥25,300 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

”色鮮やかな花鳥文と金色の華やかな香合” 花鳥文を「掻き落とし」という技法で描いた作品。 「掻き落とし」とは、 「白化粧した器の表面に丁寧に文様を線彫りし、掻き落とす。それを焼成した後、上絵具で金銀や色彩を施していく。掻き落としで描いた文様の線がくっきりと器に映え、筆で線描する従来の絵付けとは異なる表情を生み出している。」(作家インタビュー・ギャラリー洛中洛外HPより)といった独特の技法です。 どこか異国情緒漂う作風は作者の番浦匠さんならではのものです。 白地に色鮮やかに描かれた花鳥文模様が、下が金色になっていることで、より引き立つ作品。 どの方向から見てもそれぞれに絵になっています。 形も手作りならではの温かみもあり、おしゃれさも感じさせます。 インテリアとして置くだけでも絵になります。 贈り物にしても喜ばれることでしょう。 サイズ:W6.7×H5.3㎝ 番浦 匠 陶歴 1968年 京都に生まれる 1987年 京都市立銅駝美術工芸高等学校陶芸科 卒業 1991年 京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻 卒業      叔父・番浦史郎に師事 1996年 京都市山科区勧修寺の地にて開窯 2005年 三軌展 入賞      三軌会 会友ギャラリー企画展(京都・東京)      ニッコー 芸術家と文化人の作品展(京都大丸 ・高島屋)      個展:新宿京王百貨店、大丸心斎橋店      三軌会展文部科学大臣賞、会員優賞、      読売新聞大阪 本社賞、奨励賞、佳作賞  他 三軌会会員