朝鮮唐津 ぐい呑|木村 宜正
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

朝鮮唐津 ぐい呑|木村 宜正

残り1点

¥9,900 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

”何とも味わい深いぐい呑” 朝鮮唐津独特の黒に白い釉薬がかかって、混じり合うところが何とも味わい深い作品です。 高台に見える荒い土もとても面白く、片口としての造形も相まって、じっくりといつまでも眺めていたくなります。 これにお酒を入れて呑む時は、美味しい好きなおつまみを用意して時間をかけて呑みたくなる、そんなぐい呑です。 サイズ:Φ8.6×H5.3㎝ *この作品は作者直筆作品名入り木箱付です。ご注文を頂いてから木箱を作るのでお届けまでに2~3週間ほどお時間を頂きます。ご了承下さい。 木村宜正 陶歴 1968年 京都・岩倉に生まれる 1989年 京都府立陶工高等技術専門学校終了 1992年 日本伝統工芸展近畿展入選(以降毎年入選) 1995年 BONSAIの器展入選   現代茶陶展入選 1997年 日清食品現代陶芸「めん鉢」大賞展入選 1998年 清水卯一氏主幹「蓬莱会展」出品(以降2004年まで毎年出品)   札幌芸術の森「ビアマグランカイ‘98」入選 2003年 日本伝統工芸展初入選 2007年 京都市芸術文化協会主催「CRIA展」推薦出品   日本伝統工芸展入選 2008年 KYOTO&LITTLE KYOTO展出品   ANTHONY d‘OFFAY GALLERY(ロンドン) 2012年 京都美術・工芸ビエンナーレ2012入選 各地で個展、グループ展 手に丁度おさまる大きさの美しい青い酒盃です。底は白く、青色とのコントラストも変化があってずっと見ていても飽きません。この酒盃で楽しいお酒のひとときをお過ごし下さい。 Φ7.3×H4.8㎝ *この作品は作者直筆作品名入り木箱付です。ご注文を頂いてから木箱を作るのでお届けまでに2週間ほどお時間を頂きます。ご了承下さい。 竹村繁男 陶歴 1953年 京都山科に生まれる 1972年 京都市立日吉丘高校陶芸科卒業   木村盛伸先生に師事する 1975年 第四回日本工芸会近畿支部展初入選以来毎年入選 1978年 京都府工芸美術展入選 1980年 独立し山科に大日窯を開窯する 1988年 第三五回日本伝統工芸展入選 1989年 「土の子会」結成 1990年 第三七回日本伝統工芸展入選 1994年 「蓬莱会作陶展」に出品 1996年 第二五回日本伝統工芸近畿展 奨励賞受賞   大阪難波「高島屋」にて個展 1998年 第53回新匠工芸会展入選 2001年 京都工芸美術作家協会展 2002年 第49回日本伝統工芸展入選 2003年 岡山高島屋画廊にて個展(以後隔年で3回) 2005年 横浜高島屋美術画廊にて個展 (08年) 2006年 京都高島屋美術画廊にて個展(10年) 2007年 第36回日本伝統工芸近畿展京都府教育委員会教育長賞受賞   第54回日本伝統工芸展入選   日本工芸会正会員に認定される 2008年 日本工芸会陶芸部会正会員による     第36回新作陶芸展日本工芸会賞受賞     第五五回日本伝統工芸展入選 2009年 第五六回日本伝統工芸展入選 2010年 第39回日本伝統工芸近畿展にて鑑査委員に就任   第57回日本伝統工芸展入選