燿変油滴 酒盃|鎌田 幸二

燿変油滴 酒盃|鎌田 幸二

残り1点

¥44,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

”必然と少しの偶然から生まれた作品” 「天目は釉薬の成分や火加減に頼る部分が多いので、なかなか自分の思い通りにはなりません。そんな人の手の及ばなさが、かえって魅力に感じるんです」(当ホームページ・作家インタビュー 鎌田幸二編より) と、作り手の鎌田さんが語っておられるように、この天目の酒盃は鎌田さんの経験や信念、思いとその先は窯から出てくるまでわからない偶然でできた希少な逸品です。 その佇まいは上品で存在感があり、表面の模様の美しさはいつまで見ていても飽きません。光の加減でキラキラと輝きます。 まさにこの世でたった一つの逸品と言えるでしょう。 注がれた酒盃の美しさについお酒がすすんでしまいそうです。 Φ9×H4㎝ 鎌田幸二 陶歴 1948年 京都に生まれる 1966年 京都府立桃山高等学校卒業1967年作陶を志し、清水正氏の指導を受ける 1971年 京都府立陶工訓練校専攻科終了       同校指導員(京都府技師)となる 五条坂共同登窯「鐘鋳窯」にて天目の研究を始める 1972年 第二回日本工芸会近畿支部展初入選 第二十回日本伝統工芸展初入選 1976年 日本工芸会正会員に推薦される 1977年 京都府立陶工訓練校指導員を辞し作陶に専念 1978年 セントラル・ギャラリー(大阪)にて初個展 1979年 五条坂共同登窯休止の為、自宅にガス窯を築窯 1987年 第十六回日本工芸会近畿支部展にて京都府教育委員会委員長賞受賞 1988年 重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会にて清水卯一氏の薫陶を受ける 1994年 高島屋(京都店)にて「作陶二十五年記念展」 1997年 ニューヨークにて「天目・青磁二人展」 1998年 東京日本橋高島屋にて「作陶三十年記念展」 2002年 パリにて「陶・漆二人展」 2006年 第三十五回日本伝統工芸展近畿展にて鑑審査委員(2003年より毎年) 2007年  第三十五回日本工芸会陶芸部会新作陶芸展審査委員 2008年 高島屋(大阪店・ジェイアール名古屋高島屋)にて「作陶四十年記念展」