灰釉三彩 酒盃|猪飼 祐一
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

灰釉三彩 酒盃|猪飼 祐一

¥22,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

SOLD OUT

”ずっと眺めていたい魅力的な盃” 手の中にすっぽりと納まる小振りのサイズの酒杯。 色がグレーかかった白というか、緑かかった白というか、 何とも一言で表せない美しさがあります。 貫入が模様となり、底に溜まった緑色がまた幻想的でずっと眺めていたくなる。 この酒杯で呑むお酒はさぞかし、美味しいお酒なんだろうな、と思わせるような、そんな作品です。 サイズ:Φ5.5×H3.5㎝ ※木箱付(作者直筆) 猪飼 祐一 陶歴 1963年  京都五条坂の陶器商に生まれる 1983年  京都府立陶工訓練校成形科卒業 1984年  京都市立工業試験場陶磁器研修終了   人間国宝 清水卯一氏の指導を受け、喜兵衛窯開窯       清水保孝氏に師事 1985年  日本工芸会近畿支部展初入選(以後、連続入選)  1986年  日本伝統工芸展初入選 1987年  日本工芸会近畿支部展で松下賞受賞 1989年  日本工芸会近畿支部展で奨励賞受賞 1994年  日本工芸会 正会員に認定   嵯峨大覚寺 花の陶展で奨励賞受賞 1996年 京都府船井郡日吉町に工房移転 2001年 第30回日本伝統工芸近畿展において 最高賞の近畿賞受賞 2003年 第32回日本伝統工芸近畿展において 滋賀県教育委員長賞受賞 韓国ソウル KUMHO美術館 現代韓日陶芸展2003出品 2004年 第33回日本伝統工芸近畿展にて鑑査委員に就任 2005年 第34回日本伝統工芸近畿展より特待者出品 2007年 登窯を築窯 2010年 日本伝統工芸展 入選 2011年 日本伝統工芸展 入選