虹彩釉酒盃|西嶋秀樹
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

虹彩釉酒盃|西嶋秀樹

残り1点

¥22,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

”光の加減でキラキラと模様が変化する酒盃” 「虹彩は、さまざまな金属や金属酸化物を調合した釉薬を薄く施し、真珠貝のような光沢や色合いを生み出すもの。 西嶋さんのそれは、用いた土や釉薬と窯焼きの際の条件が複雑に作用して生まれる「窯変」が重なり、金属的な輝きに天目の斑紋が相まって、どこか妖艶な、不思議な美しさを放っている。 特別な金属を釉薬に加えているのでは? と思われることもあるそうだが、実際は一般的な素材しか使っていないという。 西嶋さんはごく普通の素材を絶妙に組み合わせることで、この文様と色彩を生み出しているのだ。ここまでたどり着くには相当の時間が費やされていることは、想像に難くない。」 これは当HPの西嶋秀樹さんの”作家インタビュー”から抜粋したもの。 この作品の「虹彩」について説明されています。 作品を見ていると、その輝きから、本当に特別な素材の釉薬を使って作られているような印象を持ってしまいますが、特別なものではなく、組み合わせのみで作られているようです。 (作家インタビュー全文は当HPから読めます) 画像でその魅力をお伝えできているかわかりませんが、角度を変える度にキラキラと光り、浮き出る模様が次々と変っていきます。 お酒を呑みながら、酒盃の魅力にも酔ってください。 サイズ:Φ9×H3.5㎝ ※ご購入の後で木箱(作者直筆)を作りますので、ご購入後、お届けまで約2週間ほどお時間を頂きます。 西嶋 秀樹 陶歴 1948年  熊本県荒尾市に生まれる 1951年  京都府亀岡市に移る 1968年  京都府立陶工職業訓練校修了 楽焼・大野鳩行氏に師事 1972年 独立開窯 柳窯 1978年 第7回日本工芸会      近畿支部展 入選 1979年  第23回京都府工芸美術展 入選 1981年  第10回日本工芸会近畿支部展 入選    日本工芸会賞 受賞 1982年  第29回日本伝統工芸展入選 1985年  第32回日本伝統工芸展 入選 1986年  第33回日本伝統工芸展 入選 1994年  オクラホマ州立大学にてデモンストレーション 1995年 オクラホマ州スティルウォーター市 Multigraphis Art Centerにてデモンストレーション 2000年 第47回日本伝統工芸展 入選 日本工芸会正会員認定 2001年 第48回日本伝統工芸展 入選 2002年 第49回日本伝統工芸展 入選 2006年 カリフォルニア Rio Del Marにてデモンストレーション